ADHD

ADHDってどんな障害?ADHDの症状と3つのタイプ。

ペンさん
ペンさん
ADHDって最近よく聞くけど、具体的にはどんな障害なの?
ことみ
ことみ
発達障害が知られるようになって、ADHDとかASDとかも知られるようになってきたよね。
だけど、あんまり深く知られていないのが現実だと思うんだ。

発達障害って名前とともに知られるようになった『ADHD』。
だけど、特性とか困ることとかがあまり知られていないのも現実。

私の子どもたちもADHDの診断を受けています。
一人ひとり、同じ障害でも特性とか対応とかは違っています。

今日は、ADHDの特性と困った感について書いてみようと思います。

ADHDって?

ペンさん
ペンさん
ADHDって障害名なのはわかってるんだけど、日本語で書くとどうなるの?
ことみ
ことみ
ADHDは、日本語で『注意欠如多動性障害』。
長くなるからアルファベットの頭文字をとって『ADHD』って書かれることが多いんだ。

以前は注意欠陥多動性障害と呼ばれていましたが、今は注意欠如に変更になりました。
欠陥って言われると、あまりいい印象ではないので変わってよかったと思います^^;

ADHDの症状

ペンさん
ペンさん
ADHDって注意欠如と多動性のある障害なんだね。
ことみ
ことみ
ADHDって1つの障害だけど、大きく分けて3つの症状に分けられるんだ。

『注意欠如』と『多動性』が障害名に入っていることでもわかるけど、ADHDには3の症状があります。

  • 不注意
  • 多動性
  • 衝動性

それぞれ見てみましょう。

不注意

  • 注意力がない
  • 集中力が続かない
  • 忘れ物が多い
  • 失くしものが多い

『ついうっかり』が度を超えて起こる障害ですね。

うちの長男と三男はこの不注意がメインの症状。
目の前にあるのにさがし物を見つけられなかったり、学校への提出物や学校からのお手紙を出すことを忘れてしまいます。
集中力が続かないので、授業中も別のことを考えていたりします。

ことみ
ことみ
長男の場合、学習障害も併発しているので授業が苦痛みたいです。

多動性

  • じっとすることが苦手
  • 静かにすることができずに喋り続ける
  • ずっと体のどこかが動いている状態

いつも落ち着きがなく、一度話し出すとなかなか止めることができません。

うちの四男はこれに当てはまります。
毎日大人の話を遮って話し続け、じっとしているのは寝ているときだけ。
授業にも集中できないので、今は薬を服用しています。

病院などの静かにしないといけないところが苦手で、待つことも苦手。
静かにしないといけない場面では、子どもにあった支援が必要になってきます。

ことみ
ことみ
「じっとしなさい!」ってつい怒ってしまうこともあるけど、無意識に動いてしまうときもあるのであまり怒らないようにしましょう。

本人の意思とは関係なく体が動いてしまうので、『じっとさせる』よりも『多動性を抑える』ようにしましょう。
座ることを目標にしないこともポイントです♪

じっとしていられないADHDの子どもを上手に待たせる方法。 病院や図書館のように、大声を出せなかったり暴れてはいけない場面ってありますよね。 できれば行きたくないけど、病院とかは...

衝動性

  • 順番が待てない
  • 会話中に割り込んで話し続ける
  • 気に入らないことが起こると怒って暴れだす

自分の思ったままに行動して我慢ができにくいのが特徴です。

この症状には次男と四男が当てはまります。
気に入らないことがあったらすぐに暴力的になり、自分がしたいと思ったら『今』しないと気がすまない。

次男は大きくなるにつれて落ち着いてきましたが、四男は今絶好調に暴れています^^;

ことみ
ことみ
成長して落ち着く次男みたいな子もいれば、成長するにつれて特徴が大きく現れる四男みたいな子もいます。

ADHDの3つの症状と3つのタイプ

ペンさん
ペンさん
ADHDには3つの症状があるんだね。
この3つが同時に現れることもあるの?
ことみ
ことみ
ADHDの症状の現れ方は人それぞれ。
だから、3つの症状は3つのタイプに分けることができるんだ。

ADHDの症状は3つ。
そしてタイプも3つに分けることができます。

  • 多動性衝動性優勢型
  • 不注意優勢型
  • 混合型

詳しくみていきましょう。

多動性衝動性優勢型

  • 落ち着きがなく、授業中なども座っていることができない
  • 気に入らないことがあると大声を出す・暴れる
  • 関係ないことを話し始めたり、人の話を聞くことができない

これは、多動性と衝動性が強く出ているタイプ。
男の子に多いのが特徴で、反抗的な性格と思われることもあります。

ことみ
ことみ
三男がこのタイプで、暴れることは少なくなってきたけど関係ないことを急に話し始めます。
人の話を聞くよりも聞いてほしい気持ちのほうが強いですね。

不注意優勢型

  • 集中力が続かず、気が散りやすい
  • 忘れ物が多く、ものを失くすことも多い
  • 好きなことに対しての集中力はすごいが、一度始めたらなかなかやめることができない

このタイプは、多動性・衝動性が見られないのが特徴です。
女の子に多いみたいだけど、次男がこのタイプ。

ことみ
ことみ
好きなことに対する熱中はすごいけど、切り替えは苦手なので時間を決めてやめさせるようにしています。

混合型

  • 多動性衝動性・不注意の両方の特徴が現れるタイプ
  • 人によって多動性衝動性が強く出たり不注意が強く出たりする
  • 物をなくす事が多くじっとしていることも苦手
  • 衝動的に大声を出したり暴れたりする

ADHDの特徴全てに当てはまるタイプです。
症状が混ざり合っているので大変ですが、上手に付き合っていくことで本人への負担を減らすことができます。

このタイプには長男と四男が当てはまります。
物をよく失くし、気に入らないことがあると怒ってしまう。

長男は落ち着いてきましたが、四男が大変な時期になっています^^;

ことみ
ことみ
物を失くしても大丈夫な環境を作り、多動性・衝動性を周りが理解できるようになると過ごしやすくなると思います。
簡単なことではないですが、できることから始めてみましょう。

ADHDは他の障害と併発していることも

ペンさん
ペンさん
1つの障害でたくさんのタイプがあるんだね。
私ももっと勉強しないといけないな。
ことみ
ことみ
ADHDの特性は複雑なんだけど、ほかの障害と併発していることもあるから対応も個別で考える必要があるんだ。

たとえば、うちの子たちはADHDとASD(自閉症スペクトラム)・LD(学習障害)も併発しています。

多動性・衝動性・不注意に加えて、

  • こだわりが強い
  • 気持ちの切り替えができない
  • 人の感情を読み取ることが苦手
  • コミュニケーション能力が低い
  • 特定の分野の勉強ができない

などの特性も併せ持っています。
一つの障害でも大変なのに、発達障害は併発していることがほとんど。

ことみ
ことみ
だから生きづらさが出てくるんだね。

ADHDは治る?

ペンさん
ペンさん
ADHDのこと、少しは分かってきたけど…
これって治るの?
ことみ
ことみ
親としては治ってほしいよね。
だけど、治ることはないんだ。

よく治るの?って聞かれるんだけど、はっきり言って治りません。
治るのは怪我とか病気。
障害は治ることはないです。

だけど、上手に付き合っていくことで本人の負担を減らすことはできます!
大人になるまでに、自分の障害のこと・上手な付き合い方を知っていくことで過ごしやすくなると思います。

ことみ
ことみ
私もまだまだ勉強中なので、何か役立ちそうなことがわかったら書いていきたいと思います!

ADHDの特性について『まとめ』

ペンさん
ペンさん
今まで落ち着きがなくて怒ってきたけど、本人の心を傷つけるだけの行為だったんだね。
もっと子どものことを理解して、あまり怒らないようにしていこうと思う!
ことみ
ことみ
ADHDも発達障害も、まだまだわからないことがたくさんあるよね。
今までのことを後悔するよりも、これからのことを考えていこうね。

1つの障害だけど、たくさんのタイプを持つADHD。
まだ理解されなくて悲しい気持ちになることも多いけど、少しでも発達障害への正しい理解が広まることを願ってこれからもブログを書いていこうと思います(*^^*)