家での支援

ASDの特性がある子の衣替えをスムーズにする方法。

ペンさん
ペンさん
今年もこの時期がやってきたか…
毎年衣替えが大変で、どうやって伝えたらパニックにならないかわからないんだ。
ことみ
ことみ
ASDの子は習慣を変えることが難しいから、衣替えも受け入れるのに時間がかかるよね。

日本には四季があるので、年2回の衣替えは必須です。
だけど、何回衣替えを体験しても全然慣れない子どもたち。

教えるのも大変ですよね^^;

ASDの子が衣替えができないのは、習慣を変えることの難しさやこだわりの強さなどが原因です。
急に衣替えをすると、今まで長袖を着ていたのになんで半袖!?ってなるんですね。

そこで今日は、『ASDの子が衣替えを上手にするポイント』を書いてみようと思います。

今日のポイント
  • 日程を決める
  • 温度を見て服を選ぶように支援する

衣替えが苦手なのはなぜ?

ペンさん
ペンさん
ASDの子はなんで衣替えができないんだろう?
長袖も半袖も着れるから、感覚過敏が理由じゃないと思うんだよね。
ことみ
ことみ
中には感覚過敏で着れない子もいるけど、大きな理由は『変化』することが嫌なんじゃないかな。

ASDの子の中には、感覚過敏で長袖や半袖が着れない子がいますよね。
うちの次男は感覚過敏があるので、「この素材はいいけど、こっちの素材は嫌…」と言っています^^;

ほとんどの子は、習慣を変えることが苦手なのが大きな原因。
今まで半袖だったのに、なんで長袖!?と言った感じに、今までと違うことを受け入れることがとても難しいんです。

ことみ
ことみ
変化が苦手な特性を持つから、衣替えができないんですね。

あとは、暑さ・寒さに鈍感なのも原因の1つ。

「暑いから半袖を着よう」とならないのがASDの子。
そもそも、温度は目に見えないので理解しにくいものの一つです。
気温を見て自分で服を選ぶことができればいいんだけど、すぐにはできないのが現実なので焦らずに教えていきましょう^^;

暑さと寒さがわからないから、そもそも衣替えの必要性を感じていない子もいます。
だけど気温差で体調を崩すこともあるので、衣替えの必要性も教えていけるといいですね。

ASDの子は体調不良がわからない?上手な体調不良の聞き方とポイント。 ASDの子に体調を聞くと、わざとらしく咳をすることってありませんか? それは嘘をついているのではなく、『風邪症状』がわかっ...

衣替えの方法

ペンさん
ペンさん
少しでもパニックを起こさずに衣替えをしたいんだけど、どうしたらいいかな?
ことみ
ことみ
私はあらかじめ衣替えの日程を決めてるよ。

ASDの子は、決まっていないことや急に言われると不安感が強く、パニックを起こす原因になってしまいます。

そこで、学校みたいにあらかじめ衣替えの日を決めておくことでパニックを軽減させることができますよ。

私は学校の衣替えに合わせて家の衣替えをするようにしています(*^^*)

衣替えの伝え方

明日から衣替えをしよう!と言われても、なかなか受け入れ難いですよね^^;
なので、最低でも1週間前には衣替えの予定を伝えておきます。

ことみ
ことみ
口頭で伝えるだけでは理解できなかったり忘れてしまうこともあるので、カレンダーに書き込むようにしましょう。

もしパニックを起こしてしまったときのために、何も予定がない日に衣替えをすることをおすすめします^^;

「衣替えをしよう」と言っても、そもそも衣替えがわかっていない子もいます。
そんなときは視覚的にわかるように、絵を見せるようにしましょう。

ことみ
ことみ
私は自分で絵を描くのが下手なので、ネットで探して伝えていました。

感覚過敏の子の衣替え

感覚過敏で長袖や半袖が着れない子もいますよね。

そんな子には、気に入った素材のものを着ることで少しづつ長袖や半袖に慣れさせていくようにしましょう。
いきなり苦手な素材のものを着て!と言われてもストレスに感じるので、無理やり着せることは避けたいですね^^;

どうしても長袖が着れない子は、腕まくりできる服やゆとりのある服を選んでみましょう。

ことみ
ことみ
半袖が着れない子には、冷感接触の素材の長袖なら夏でも涼しく過ごすことができますよ。

気温を見て着るものを変える方法

衣替えの日程を決めても、日によって気温の変動もありますよね。

できれば気温をみて着るものを変えることができるといいんだけど、これってとても難しいことです。

  1. 温度計を見る習慣をつける
  2. 気温によって着るものを判断する
  3. 朝と日中の温度差があることも理解しておく

朝が涼しい時期だと、長袖を出して着ます。
でも日中は暑くなって、半袖の温度になるときもありますよね。

こんなときにも、パニックを起こしてしまいます。
「朝と温度が違う!」と言った感じですね^^;

天気予報の予想最高気温を見る方法もあるんだけど、1度でも違ったらテレビに向かって怒ってしまいます。

ことみ
ことみ
簡単そうな衣替えですが、とても難しく大変なことなんですね。

ASDの子は上着を着るのが苦手

ペンさん
ペンさん
日中と朝夕の気温差があるときは上着を着てほしいのに、嫌がって着てくれないんだよね。
ことみ
ことみ
うちの子も上着は着たがらないよ。
だけど、理由を話して着るように教えると着れるようになるよ。

上着は寒いときに着ますが、ASDの子は寒さに鈍感な子もいます。
そんな子は、そもそも上着は必要ないと思っているので着るのを嫌がります。

動きにくさだったり、苦しく感じるのが嫌で着るのを嫌がることもあります。

ことみ
ことみ
学校の制服も動きにくいので、着るのを着やがる子もいますね。
だけど制服は着る意味がはっきりしているので、受け入れるようになっていきます。

真冬に上着を着ないのは風邪をひくかもしれないので、『5度以下のときは上着を着る』と決めておくといいですね。

ASDの子の衣替え『まとめ』

ペンさん
ペンさん
今まで衣替えのたびにパニックになっていたのは、伝え方が悪いのが原因だったんだね。
今年からはできるだけ早めから伝えるようにするよ。
ことみ
ことみ
大人でも必要性を感じないとしたくないことってあるよね。
衣替えの必要性も一緒に伝えていけるといいね。

ASDの子の衣替えは、伝え方によってパニックを防止することもできます。
慣れるまでには時間がかかりますが、気長に少しずつ教えていくようにしましょう(*^^*)